本文へスキップ

第9石所 小鹿神社 おしかじんじゃ/Oshika shrine

=alt"" 願い石: 交通安全・災難除けのブラックオニキス(黒瑪瑙)

=alt"" =alt""

「バイクの聖地」小鹿野町の象徴的な存在である交通安全の神様

古代から「おかの郷」に座す神としてまつられ、武将・藤原秀郷が、藤原氏の氏神である
春日の大神をまつったのがはじまりという伝説も残す、歴史ある古社。
現在の本殿は、江戸時代の安永4年(1775年)に建造されたものだといわれています。

=alt"" =alt"" =alt""
バイクの安全祈願。全国からライダーがやってくる名所

ツーリングの人気スポットでもある秩父・小鹿野町。
小鹿神社では、乗用車だけでなく、バイクも修祓できます。
通称「バイク神社」として知られ、全国からライダーが交通安全の祈願に訪れます。

=alt"" =alt""

境内社・稲荷神社も信仰を集める

本殿左手から朱色の鳥居をくぐれば、緑豊かな森の中に鎮座する
稲荷神社。お社の中には、キツネの置物がびっしりと並び、信仰の厚さを物語っています。

=alt"" =alt""
本殿前の広場には、趣深い佇まいの「神楽殿」もあります。
広場右手にある社務所で、願い石を授与しています。

★例大祭「小鹿野春まつり」★

毎年、4月の第3土曜日とその前日に行われる小鹿野を代表する祭り。
初日には、屋台に芸座・花道を組んだ屋台歌舞伎が行われます。
全国的にも珍しいお祭りです。
※写真などはこちら(小鹿野町観光協会公式HPへリンク)

神社の西側にある『おがの鹿公園』

=alt""

県道沿いの鳥居をくぐり、社前の駐車場へ。ここから西側へ伸びる小道を約150m、
徒歩約1分で到着。
町営の公園で、山の斜面に愛らしい鹿が20〜25頭飼育されています。
有料(50円)で餌をあげることもできます。
園の入り口には、滑り台やブランコなどの遊具もあります。
 ※小鹿野町小鹿野1408 ※開園:9時〜16時(冬は15時まで) ※月曜日休園 
 ※同園へのお問合せは小鹿野町振興公社 (0494-79-1127)へ。




=alt""
小鹿神社の願い石「ブラックオニキス」で、
交通安全・災難除けの効果をさらにいただく

古くから悪を退け、悪霊から身を守ってくれるお守りとされた魔除けの石。
持ち主の邪念や悪運など、ネガティブなエネルギーを祓ってくれるといわれています。
ツーリングの御守としてお持ちください。
ブレスレットやストラップにして、バイクが好きな方への贈り物にもお勧めです。







=alt"" 
第9石所 小鹿神社 ーおしかじんじゃ/Oshika Shrine

住所:秩父郡小鹿野町小鹿野1432  ※県道299号線沿いに建つ大きな鳥居が目印。
※公式HPなし

★地鎮祭などの境外のお祭りごとで社務所を不在にしている時があります。
その際は下記までお電話下さい。神職の携帯電話に転送されます。
もし御祈祷中などで電話に出られない、すぐに戻れないという返事だった場合は、
願い石巡礼事務局までご連絡下さい。
 小鹿神社 電話:0494-75-2437  / 秩父願い石巡礼事務局 070-3619-9239

アクセス:西武秩父駅で小鹿野町の町営バスの西武秩父線で「薬師の湯」行きに乗車。
     バス停「小鹿野(おがの)」で降りて徒歩7分。所要時間は約40分。
     ※時刻表や路線図など詳しくはこちら(小鹿野町公式HPへリンク)
     ※第八石所の法性寺へのアクセスも同じ町営バスの西武秩父線です。

← 第8石所「法性寺」へ

                → 第10石所「秩父華厳の滝」へ





バナースペース

秩父願い石巡礼の会 お知らせ

お問合わせは、お電話、メールで承って
おります。お気軽にお問合せ下さい
070−3619−9239
※一部チラシには旧番号が載っています。上記までお電話下さい

※事務局の現地スタッフにつながります

メディア関係者様からの取材依頼は、お電話ではなく、メールにてお願い致します
info*
chichibu-powerstone-jyunrei.org
(*を@に変えて送信下さい)


※参拝頂いたのに、不在などで願い石を
授与出来なかった場合は
恐れ入りますが、上記までご連絡を
頂けますようお願い致します

〜願い石の授与の時間について〜
神社仏閣においては
8:00〜17:00
に行っています。
※聖神社と秩父今宮神社は9時から

※上記以外の授与所はそれぞれ営業時間
が異なります。上記の「巡礼地一覧」
詳細ページにてご確認下さい