本文へスキップ

第一石所 聖神社 ひじりじんじゃ/Hijiri Shrine

=alt"" 願い石: 金運・仕事運のタイガーアイ(虎目石)

alt=""


「銭神様」と親しまれるお金儲けの神様

708年、日本初の自然銅が秩父から発見され、朝廷に献上されました。
これを喜んだ朝廷は、年号を「和銅」と改元し、日本初の流通貨幣である「和同開珎」を発行しました。
聖神社が創建されたのは、そんな和銅元年のことでした。

alt="" alt=""


銅を採掘していた和銅遺跡と銭洗堀

秩父鉄道の和銅黒谷駅からも見える祝山にある和銅遺跡。昔ながらの穏やかな雑木林を抜けると突如5mは
あろうかという大きな和同開珎のモニュメント(写真左)が現れます。

祝山の和銅採掘場で掘り出された銅が洗われていたのが、モニュメントのすぐ脇を流れる小川(写真右)。
今も自然のままに残されており、川の水に触れることも出来ます。

この川で洗ったお金を、聖神社の御賽銭として使うとさらに金運上昇の効果が期待できると言われ、近年話題になりました。

2本並びたつ杉の巨木のご神木は、社殿のすぐそばにあるので、そっと触れて、手のひらからパワーをいただきましょう。




=alt""聖神社の願い石「タイガーアイ」で、金運の効果をさらにいただく

そんなお金に縁深い聖神社の願い石は、人気の高いタイガーアイ(虎目石)。      
未来を見通す力と適切な判断力を与えてくれる石で、邪気払いにも効果があり、強運を呼び込みます。
そのため、金運・財運を高める石として古来から慕われてきました。
お財布に入れて金運のおまもりとして持ち歩くのもお勧めです。







第一石所 聖神社 ーひじりじんじゃ/Hijiri Shrine

住所:秩父市黒谷字菅仁田2191
公式HP: 秩父市和銅保勝会 http://www.chichibu.co.jp/~wado/iseki/


アクセス:秩父鉄道和銅黒谷駅より徒歩5分
     関越自動車道花園ICより国道140号を秩父方面へ約40分

← 第十一石所「宝登山(花のおもてなし 長生館/栗助 長瀞店)」へ
                      → 第二石所「見寺」へ







バナースペース

秩父願い石巡礼運営事務局

願い石巡礼、取材等に関する
お問合わせは、メールで
承っております。
お気軽にお問合せ下さい

メールをご確認させて頂いた後、
折り返し、まずはメールにてご連絡をさせて頂きます。

※ご連絡先を明記、ならびにお電話でのご回答ご希望の旨お書き添え
頂ければ、お電話にてご連絡させて頂きます

秩父願い石巡礼 運営事務局宛
info*
chichibu-powerstone-jyunrei.org (*を@に変えて送信下さい)


【!参拝者の皆様へ!】

★石所に参拝頂いたのに、不在で
願い石を授与出来なかった場合は
恐れ入りますが、上記メール
アドレスの事務局までご連絡
頂けますようお願い致します

★願い石、水晶セットの授与および取扱は、一部をのぞき、基本的に、

神社仏閣においては
8:00〜17:00
に行っています。

上記時間内にお求め頂けますようお願い致します

※店舗の石所はそれぞれ営業時間が異なりますので、上記の「巡礼地一覧」の各石所の詳細ページにてご確認下さい

<第8石所「大陽寺」について>
秩父市街から続く国道140号線沿いから、山道の車道を通って大陽寺へ行くのですが、冬季期間中はその車道が凍結している事が多々ございます。
しかし、事前に大陽寺へお電話頂いて都合が合えば、住職が国道沿いの山道入口から寺まで、数名に限り、寺の車で送迎をすることも可能です。
また、修行などの関係で無人になることがございます。ご面倒をおかけ致しますが、参拝の際には大陽寺へお電話の上、お出かけ頂けますようお願い致します 
 大陽寺 電話
 0494−54−0296



当サイトはリンクフリーですが
リンクして頂ける場合には
ご一報頂ければ幸いです
※バナーもご用意がございます

秩父に関する個人様、事業者様からの
相互リンクをお受けしております
上記メールアドレスまでご連絡下さい