本文へスキップ

第六石所 西善寺ーさいぜんじ/Saizenji Temple

=alt"" 願い石: 健康・病気平癒のラピスラズリ(瑠璃)

=alt"" =alt""


樹齢600年以上の美しいコミネカエデで全国的に知られる名刹


1234年に開創された歴史ある古寺。本堂にお祀りされているご本尊の阿弥陀三尊は、別名「ぼけ封じ」といわれ、長寿を求める人々に古くから信仰されてきました。秩父三十四観音霊場の8番でもあり、恵心僧都作とされる十一面観世音菩薩をお祀りしています(普段は非公開、午歳(うまどし)のみ御開帳)。


新緑の季節

色づき始め、秋の気配

美しい紅葉

雪化粧

 春夏秋冬、季節ごとに参拝者を楽しませてくれる
 「花のお寺」

 新緑の緑、紅葉、雪化粧、どの季節に訪れても美しい姿を見せてくれる
 西善寺のコミネカエデ。樹下にはベンチが設置されており、心ゆくまで
 眺めることができます。生命力あふれるその姿は、圧倒的な迫力で
 ありながら、見る者すべてを優しく包み込んでくれます。
 樹の下に並ぶ六地蔵も、とても穏やかな表情をしています。
 (※紅葉シーズンにはコミネカエデと境内維持管理のため、
   札所参り・御朱印以外の方は拝観料100円、撮影目的の方は
   200円を任意にて御志納ください)

 また、西善寺は、コミネカエデだけでなく、初夏には牡丹、初秋には
 約30本の金木犀が咲きほこります。
 その他、ムクゲやサルスベリなどもある「花のお寺」としても知られ、
 「東国花の寺百ヶ寺」の埼玉第1番としても指定されています。


病気を治してくれる「なで佛」

さらに、健康のご利益をいただけるのが「なで佛」。自分の身体の悪いところと同じ部分を撫でると治るといわれています。











紅葉のコミネカエデと、なで佛様



古来から健康・延命・病気平癒の信仰を集める
「薬師如来坐像」


薬師如来は、死をも招く病に打ち勝つ力を与える仏様。
日本書紀にも天武天皇が皇后ご病気平癒の祈りを込めて
奈良・薬師寺建立の発願をされたことなどが記されている等
古来より薬師信仰は厚いものでした。
また、當寺の薬師如来坐像は、室町時代の作品でかつては城谷
城下に薬師堂があり、民衆の健康と延命・病気平癒の信仰を
集めていました。

左手の与願印(人々の願いに応える印)には、あらゆる病を
癒す薬が入った薬壺(やっこ)を、
右手には人々の畏れ(おそれ)を取り除く
施無畏印のお姿です。








最新情報: 毎月8日の夜に、予約も参加費もいらない「座禅会」を行っています。


毎月8日、19:30〜20:30の1時間、座禅指導が行われています。
早朝の座禅会はよくありますが、珍しく夜に行われています。仕事終わりにも参加できます。
参加は自由で、事前予約や参加費も不要です。どうぞお誘いあわせの上、お越し下さい。
※1〜3月の冬季期間中は中止



=alt""

西善寺の願い石「ラピスラズリ」で、さらにご利益を高める

外部からだけでなく、自分の中に潜む心の邪気や災いをとりはらってくれる石。危険を回避し、幸せを呼びよせてくれます。守護石として持ち歩いてください。

第六石所 西善寺 −さいぜんじ/Saizenji Temple

住所:秩父郡横瀬町横瀬598
公式HP: 西善寺 http://www.saizen.or.jp/


← 第五石所「秩父今宮神社」へ
               → 第七石所「大渕寺」へ

アクセス: 西武秩父線横瀬駅より徒歩25分





バナースペース

秩父願い石巡礼運営事務局

願い石巡礼、取材等に関する
お問合わせは、メールで
承っております。
お気軽にお問合せ下さい

メールをご確認させて頂いた後、
折り返し、まずはメールにてご連絡をさせて頂きます。

※ご連絡先を明記、ならびにお電話でのご回答ご希望の旨お書き添え
頂ければ、お電話にてご連絡させて頂きます

秩父願い石巡礼 運営事務局宛
info*
chichibu-powerstone-jyunrei.org (*を@に変えて送信下さい)


【!参拝者の皆様へ!】

★石所に参拝頂いたのに、不在で
願い石を授与出来なかった場合は
恐れ入りますが、上記メール
アドレスの事務局までご連絡
頂けますようお願い致します

★願い石、水晶セットの授与および取扱は、一部をのぞき、基本的に、

神社仏閣においては
8:00〜17:00
に行っています。

上記時間内にお求め頂けますようお願い致します

※店舗の石所はそれぞれ営業時間が異なりますので、上記の「巡礼地一覧」の各石所の詳細ページにてご確認下さい

<第8石所「大陽寺」について>
秩父市街から続く国道140号線沿いから、山道の車道を通って大陽寺へ行くのですが、冬季期間中はその車道が凍結している事が多々ございます。
しかし、事前に大陽寺へお電話頂いて都合が合えば、住職が国道沿いの山道入口から寺まで、数名に限り、寺の車で送迎をすることも可能です。
また、修行などの関係で無人になることがございます。ご面倒をおかけ致しますが、参拝の際には大陽寺へお電話の上、お出かけ頂けますようお願い致します 
 大陽寺 電話
 0494−54−0296



当サイトはリンクフリーですが
リンクして頂ける場合には
ご一報頂ければ幸いです
※バナーもご用意がございます

秩父に関する個人様、事業者様からの
相互リンクをお受けしております
上記メールアドレスまでご連絡下さい